HOME採用情報社員紹介 › M.S.さん

エンジニアから採用・教育担当へ。
キャリアチェンジで気づいた
尻込みしないマインドの重要性。

M.S.さん

株式会社カイテクノロジー
管理部 部長
2006年入社

現場の気持ちが分かる採用・教育担当へ

もともと技術者として働いていたのですが、結婚して出産するタイミングで前職を辞めました。そこから2年ほど経って仕事復帰を考えた時に、スキルチェンジをしたいと考え、子連れで転職活動を始め入社したのが、ソフトビジョンです。

ソフトビジョンに入社してからは、オラクルのERPパッケージの導入支援などをしたり、フロントに立って、クライアントとやり取りしたりする立場になりました。エンジニアになりたくて大学の学部も選び、この業界に入ってきたので、モノ作りはとても好きなのですが、周りを見渡すと、モノを作るスペシャリストというのは幾らでもいました。自分に何ができるか、自分にしかできないことは何かを強く考え始めたのは、この頃からですね。

イチから構築した採用と教育の基盤

当時の弊社の採用状況は、新卒採用はしていたのですが、人事経験がある者が採用を担当しているわけではなく、また、技術の知識があまりない者がプログラマー希望の方の面接をしていました。受け入れた後の教育体制も整っているとは言い難い状況でした。今後、会社を拡大していく中で、新卒採用と教育は重要なファクターになっていくと考えていて、専任がいない状態で採用、教育をしている状況に大きなジレンマを感じていました。そこで、誰もいないのでしたら私にさせて欲しいと異動願いを出し、そこからバックオフィスの業務に携わるようになりました。

当時はまだ、社内に採用や教育の基盤が作られていない状況でしたので、就職ナビサイトの精査、研修カリキュラムの強化、説明会ツールの整備など、イチから作り上げていきました。その後、役職者として、労務や経理など、幅広く会社の業務に携わることになっていきます。採用や教育がやりたくて異動願いを出してから、イメージしてたものとだいぶ違うことをしている気もしていますが・・・(笑。

でも今は、広く会社の業務に携わることで見える景色が大きく変わってきたことに面白さを感じています。

志望者へのメッセージ

プログラマーから管理部にキャリアチェンジするというのは、あまり多くない事例だと思います。ここまで距離のあるキャリアチェンジをする必要があるかどうかはわかりませんが、一つの職種しか経験をしていない人より、複数の職種を経験する方が、視野を広げることができると思います。新しいことに尻込みしない、チャレンジする力みたいなものは、キャリアチェンジしたことでより強くなった気がします。

大事なことは、やったことがないことにも、前例がないことにも、尻込みしないマインドだと思います。