HOME企業情報 › 経営理念

経営理念

「社会にあると、今よりもっといいもの」
を世に送り出す企業群を経営する。

行動指針

1. 自ら考え行動する

 決して自分の好き勝手に行動すれば良いと言っているのではありません。まわりの人からの指摘に 対し、なぜ相手がそのような事を言っているのか真意を考え行動するようにして下さい。
もし真意が理解出来なければ、教えてもらうように行動して下さい。その真意が理解出来た後、自分の意思で、まわりの人の期待に応えられるような行動をとって下さい。
 「指摘を受ける、問題が発生する、目標を設定する、依頼を受ける」それらの事には、相手の望んでいる真意があるはずです。何事も前向きに取り組み、立ち止まらず、よく理解して考え行動にうつして欲しいと思っています。

2. 感謝されるサービス

 私たちが提供している技術によるサービスは、時代のニーズにあわせ常に変化するものです。しか し、お客様の感謝の気持ちは技術だけではなく要求された以上のものを提供できたときに必ず頂ける 事を心にとめて置いてください。
 常に新しい技術を習得し、提供し続けることは当然の事であり、お客様が求められているサービス は何かを常に考え、日頃の言動・自身の成長などで期待に沿うようにして、「ありがとう」の気持ち を頂けるような会社にしたいと思っています。

3. 誇れる社会貢献

 私たちは共鳴する仲間を増やし、より良いサービスをより多く社会に提供する事で社会貢献が出来ると確信しています。
 ある人は一般の人が利用する機器の開発に携わり、別の人は会社で利用される業務システムの開発に携わるかも知れません。形態が違っても、私たちが生み出すサービスで多くの人に対して快適で便 利な社会が生まれることを誇りにしたいと考えています。

4. 当然の社会的責任

 私たちは、おおやけの会社組織であり、社会的責任を負っています。法令規制を守ることは当然で あり、公序良俗をみだすような営業活動を行ってはいけないと考えています。
 うそをつくことなく、正々堂々と自分たちの力量で相応の対価をいただける企業になりたいと考えています。

5. バランスのとれた競争

 私たちは人の邪魔をしたり、人を落とし入れたりするような過度の競争は希望していません。しか し、資本主義社会の一員として自由競争の原則を十分に理解し、私たちの将来を築くために必要と思 われる競争には積極的に挑んでいくべきと考えています。
 私たちの全員参加による競争で将来の「ゆとり・安心」を手に入れる事が出来ると確信しています。